人気ブログランキング |

<   2019年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

職業病

昨日は病院で、新たな薬を処方してもらうことになった。


しかしその薬、薬局に在庫がないという🌀


いくら門前薬局でも、他患者に処方されたことのないお薬だと置いていないことはよくある事。


そうなると、その時点で問屋に急配をかけて配達してもらうとして、届くまでに1時間〜2時間ってところか⏰



病院で随分待ち(行った時間が遅かったから仕方なし😅)薬局に入ったのは13時半。



食欲がないから、家でご飯を食べたいという息子がいるので、その辺で時間を潰してお薬を待つというわけにはいかない💧



何時頃に届きますか?と尋ねると「17時には届くかと思います」と。



えっっ、17時か(  Д ) ⊙ ⊙



頭の中が急回転で回りだす。


またここまで来るのは、ちょっと遠いな。


駐車場代もまたかかるしな。


他薬局に持っていこうか。

ここまでは誰でも考えるかもしれない。


↓ここからが職業病が出現しだす(笑)


でも他薬局に持ち込んだら、取り寄せた薬が在庫になっちゃうかな。


その在庫を処理するのに面倒かかるやろな。


だったら、私がここまで取りに来る方がいいかな。


今後もこの薬が出るようになったら、そのたびに別薬局に行かねばならないって事だしな。



一瞬のうちにいろんな事を考えて、結局私が再度取りに行くことに落ち着いた。



しかし帰りの車を運転しながら思う。



あぁ、疲れたな:( ;´꒳`;):
また取りに来るのもしんどいな💦
在庫の事まで考えなくてもよかったよな…
一患者として動けば楽なのに(´ー∀ー`)



下手に知識があると、余計な事を考えてしまうというやらかし(笑)


by mashiro507 | 2019-06-25 14:24 | 思うこと | Comments(4)

待ち時間をムダにしない

息子よ…9時に家を出ると言ったんじゃないのかい…꜀꒰ ˟⌂˟꜀ ꜆꒱꜆



今は9時半。



リビングのソファで横になってスマホをいじっている。




病院は開院時間と同時に着くようにしていかないと、遅くなるほど待ち時間が伸びる🏥




待つのが苦手やから、9時に出るんじゃなかったんかい…



しかし、テンション⬇の息子には分かってても動けない。




ここで「準備しなくていいの?」「遅くなると帰る時間も遅くなるよ」等々




口出したいのはヤマヤマだが、これを言ったとこで「そうだね!!」とすぐに動けるなら楽だけどそうじゃない(´×ω×`)




息子には息子のタイミングを推し量っているんだと思う、スマホをいじりながら。




「よし!動こう!」と重い腰を上げるタイミングを自分で作るのが一番ベスト。




そう思いつつ、私は心の中で


あぁ、こりゃ昼までに家に帰れんな…


そうなると昼ごはんは外食になるな…


待ち時間が長いということは、駐車料金も1000円超えるな…


学校への電話もずれ込むな…


家の事何もできないな…



忙しいなりに組み立てたスケジュールがガラガラと崩れ始め、脱・力・感♫←チャンリンシャン風





息子が立ち上がり病院に行くまでの、待ち時間をただ待つのはこっちも時間をムダにしてる気がして、イライラが募るのは嫌だ😑



なのでその「待ち時間」も私の「有意義」に変える事にしている。



今は時間がなくて後回しになってるアイロンをかけながら、そしてこれも時間がなくて後回しになってる録画の溜まったものを消化する(笑)



録画見ながらアイロンだ🤣
これで2つのものが消化されてスッキリ✨



不登校の時も、不登校の時間をムダにしたく
なくて有意義に変える生活に変えることで、私のストレスも少し軽減されていた気がする😃




それにしても息子よ、まだ立ち上がらぬか(-_-;)


どうかアイロンが終わる頃には動き出してくれ(笑)


「やめる?今日」←ついつい今言うてしもた
(´゚艸゚)∴ブッ


「行く…」と言いながら、ソファーで地蔵
( ºωº )チーン…


いっその事
「今日はもうやめる」と言うてくれたら、私ももっとやらなきゃならない別の事に時間を充てられるのに…とも思うけど、これはここにだけ吐き出しとく(笑)

by mashiro507 | 2019-06-24 09:47 | 思うこと | Comments(0)

侵食

ネガティブな言葉ばかりが耳に入ってくると


私もどんどん心が腐り始める。


侵されていく。


真に受けてはいけないと思い


独り言のように呟く負の言霊を


聞いていないかのように黙々と家事に専念する。


聞こえていないわけじゃない。


しっかり心に積もっている。


だけどいちいちそれに反応するのは、お互いに良くないこともちゃんと分かってるから。


今日は信用ゼロの医師に、息子の状態を説明しに行かねばならない。



学校に電話して、息子の相談をし、面談の要望を伝えなければならない。


どちらも早急に事を運ばねばならない緊急事態だ。


私の心のコップの水が、ギリギリで溢れるのを表面張力で維持してる。



あと数滴落ちたら、溢れてしまうよ。


by mashiro507 | 2019-06-24 08:24 | ましろ | Comments(2)

高校が怖い

息子が高校が怖いと、出先から帰ってくるなりリビングで横になり呟いた。



夜になって私は息子の部屋に呼ばれ、詳しく話を聞く事となる。



今日はプライベートで、私と楽しいイベントに参加した後、「高校中退するかも」と言った。



楽しい事が心を浄化するとは限らないということを知ったのは数年前。




楽しい事も人間はストレスがかかっているのだ、ということを昔読んだ本に書いてあったからだ。



その本は何に関する本だったか、私ははっきり覚えている。


ああ。


私はどうしたらいいんだろう。


息子にどう言ってやったらいいんだろう。


神様。


泣きたい。

by mashiro507 | 2019-06-23 21:51 | 息子 | Comments(0)

しまった。

「習字手伝って〜😃🙌」



と息子からお声がかかった朝☀



いいよ〜♫と家事を手っ取り早く片付けて、息子の部屋へ・:*三( o'ω')o



「清風」って字を書くんやけどさ



小学校で基本を学んでこなかった息子は



筆を寝かして鉛筆ででも書くように



サッ


ササッ


サササーーーっと


跳ねるも止めるも全くない細い字で


習字とは言えない書きっぷり(*ノω<*)アリャリャ~




筆をゆっくり滑らせ…ってのは皆無(笑)



自分の実力を度外視して100点満点を取ろうとするのが息子だ( ¯―¯٥)



最低限の基本を知っておいた方が、それなりに本人も納得行く字が書けるだろうと



動画を撮って、筆がどれだけ寝ているかを見せてみようと思った。



そしてその後、得意でも何でもない私の書き姿の見本を見せようかと(๑¯ω¯๑)ウム。




2回書いただけで「もう無理よぉ💧💧💧」と投げ出し始めてるところに




動画撮影🎥




「なんの為におるんよ💢もう一人でやる!」宣言された( ̄▽ ̄)




しまった。。。上を目指しすぎたか💦💦




姿勢とか筆の立たせ方で、滲み防止や形のいい字が書きやすいかと思ったのだが(¯ω¯💧)




書けたらいい、提出できたらそれでいい、ってのは私の中で最終的な妥協だ。




今の息子ならもう少し頑張れるんじゃないか…と調子乗ってしまったか。
しまった( ゚∀゚)・∵ブハッ!!



未だにこのさじ加減が
難しかったりする(๑´Д`ก)



最初から「いいよいいよ、書けたらいいよ」ってしてしまうと、本人の伸びる力が止まる気がするし



ちょっとのアドバイスでもしちゃりましょか〜♫と口出しすると



「もうやめた!!二度とやるか!!」



になる展開も待っていたりする(笑)



今回は一切言い返す事なく、さっさと息子の部屋を出て、気持ちを立て直したら呼ばれるかな?とリビングで待機。。。



今日はもうやらないかな?( ˙꒳​˙ )



でも明日でも出来たら。
明日じゃなくても期限までに出来たら、良しだよね。



こんな事を思えるのも、まだ提出期限に余裕があるからで、明日まで!とか今週中!ってなると気が気じゃなくて、ハラハラたまらん😅



のんびり構えてると



「母さーーーーん❗チェックしてーーー❗」



「はーーーーーーい♫」←元気よく機嫌よくがミソ



滲んでしまうんよねぇ…という息子に墨汁のつけすぎと、半紙が裏表が逆に使われている事を指摘☝←表がある事に気づいてないあたり(笑)



筆を立たせることで、均等に墨が降りてきて滲みにくくなるよ💡と言うと、「そういう事かぁ〜」と素直に意識してやりだした。



やり直しや〜🤣って笑ってやり直せるあたりが、本当に本当に夢のよう(๑¯∇¯๑)



息子なりに頑張って書いてました💮



跳ねや止めは全くなくて(笑)もう少しここを…と言いたいとこだけど「滲まなくなったやん、墨の量と筆の立たせが良かったね❗」と前進した部分のみ伝えて、今回は終了♫



まぁまだこれからも習字の課題はあるから、徐々に…でしょう🙌



全然関係ない「令和」とか「涼風」も書いてたけど、それも一緒に提出するらしいよ(笑)
パソコンで調べて見ながら書いたんだと😆



よっぽどそっちの字の方が上手だった
(´゚艸゚)∴ブッ


やっぱりねぇ、書きたい字なら自ら書くのよ。
そしてキレイに書こうって意識も違うんだよね。


なんでみんな一緒じゃないとダメなんだろうね、日本の教育は┐(´д`)┌ヤレヤレ



d0357243_15124584.gif

「壁にはねないように気をつけなさいよ」


「服につかないように気をつけな」


って言ったら絶対やるやつ(;゚;ж;゚;)ブッ


昔から「走ったら転ぶよ」と言ったら
間違いなく転ぶ男でした(笑)

by mashiro507 | 2019-06-19 16:28 | 息子 | Comments(6)

コンタクトレンズ

息子が突然「コンタクトつけたい」と言い出した。



普段はメガネ君👓の息子だが、たまにTPO次第でコンタクトにしたいのだという。



あんなに見栄えに無頓着で
「もうちょっとオシャレしたらイケメンなのに( ・᷄ὢ・᷅ )」と思っていたというのに
まぁ♡お年頃なのね♡という時期が到来したようです🌸(笑)



ネットで安いところを…と息子は言うてたけど、やはり初めてのコンタクトはしっかり眼科で検査してもらって、つけても問題ない目なのかどうか見てもらったり、安心安全なコンタクトからスタートさせた方がいい。と私は提案した。



ということで、すぐに眼科へゴー٩(`・ω・´)و



まぁまぁの混み具合だったので、こりゃ時間かかりそうやな💦と思いながらも30分して息子呼ばれる✨



中に入るのは自分一人で良いと言うので、私は待合室にて読書タイム📖💕



…そのうち飽きて、スマホゲーム(笑)



…それも飽きて、ネットサーフィン(笑)



中待合のドアが開くたびに顔を上げて見るも、息子はなかなか出てこない( ˆ꒳​ˆ; )



息子の後に入った人もとっくに会計を済ませて帰られている…息子、中で何しとんねん(笑)



もうかれこれ時計を見ると、中に入って一時間以上を経過していたΣ(っ゚Д゚;)っ



外来が終わる15分前、あんなに混んでた待合室は待ち人私一人となっていた(;゚;ж;゚; )ブッ



そしてやっと息子登場(笑)



「コンタクトつけれんかった💦」



充血した目と苦笑いをして、私の横に座る。



👩「つけるの怖かった?」


👨‍🦱「怖くないんよ。けど黒目が動くんよ」


という。


うーーーーーん(´-ω-`)
状況を見てないので、何とも言えぬが。。。



「俺、不器用なんかなぁ🌀」と病院でも、家に帰っても何度も言い、少し落ち込んでいた💧



息子は今までの学校生活の中で、他人が簡単にできる事を自分は上手く出来ない、っていう感覚がこびりついている。



今回の件でまた上塗りになったかな💦と少し心配になりつつ、「コツを掴めば出来るようになるよ」とフォローを入れておく(´-ω-)フーゥ…



後日練習に来るように…と看護師さんに言われたようで、数日後私も同行して再訪🏥



どんな事になってるのか見てみたい❗と思った私は、今回は一緒に検査室へ(ΦωΦ)フフフ・・



小さな鏡とコンタクトが用意された机に連れて行かれ、緊張した面持ちで息子は小さな丸椅子に座った。



前回関わってくれた看護師さんだろうか。
能面のようにあまり表情のない若い方。



「目を開ける練習してきた??」と聞く。



…メヲアケルレンシュウ??( ☉_☉) パチクリ。



試すコンタクトもないのに、目を開ける練習??(。・ω・)?



何もなかったら目は開けれますけど??
それ、練習になります?(;゚;ж;゚; )ブッ
心の中でつっこむ(笑)



なんかコンタクト入らないのは、あなたが目を開けないせいとでも言われてるような気分になる私💧



そりゃ1時間もかかりきりになったら嫌気もさすか…申し訳ありません🌀



一応教えてくださる方がいるので、あまりしゃしゃり出るのはよろしくないと思って、私は少し離れてお任せする。



「目を開けて!」「両目開けて!」



この言葉がずっと繰り返されて、その度に何度も失敗🌀



何がどうなってるのだと思って、息子の真横に行き、ジーッと観察してみた(´👀`)



コンタクトが目元に近づくと、徐々に目を瞑ってしまって、コンタクトが入らない隙間になってしまう💧



すると先程の看護師さんの「目を開けて!」という流れ。



なぜ目を閉じてしまうのか、という視点で見るとすぐに原因が分かって、



「次郎、(コンタクト)指に置く場所、指の腹じゃなくて指先に置いてみ」と私の指で説明しながら教えると、なんと一発でイン✨✨✨



昨日の1時間は何だったの?ってくらいのアッサリ感( ゚∀゚)・∵ブハッ!!



「入ったぁ(*´▽`*)」という安堵する息子の声に、「今度は目を開けれたね」と看護師さん。




(;゜∀゜)イヤイヤイヤイヤ...
目を開ける練習の成果じゃないからな(笑)
目を開けれたのは、私のレクチャーのおかげやから( ᯣωᯣ )ジーッ…
コツも教えずにあなたの指導の仕方じゃ、今日だって1時間かかってたっちゅーねん😑




「お母さん、コンタクト入ってるんですか?」と成功した瞬間に聞いてきた看護師さんに「入ってます」と答えつつ、「あなたはコンタクト未経験ですか?」と嫌味の一つでも言いたくなったがグっと堪える。





そんな一辺倒に「目を開けて!」だけで1時間つけれなかった相手に、同じ事繰り返してたらまたつけれないままだよ💦




同業としてはいつも患者さんの立場に立って考える、は基本中の基本。



いろんな患者さんがいて、息子のようになかなかつけれない人だって初めてじゃないと思う。




これだけつけられないのなら、どうやったらつけられるようになるかとかいろんな作戦を考えなきゃ(*ノω<*)アチャー




しかし今回の件で、こうやっていろんな場で息子は自信を失ってきたんだろうなって感じた。




息子に合った教え方をしてもらうとすぐにクリアできる事も、指導方法次第でクリアできない事が非常に多い。




それによって、「自分は不器用、自分は何も出来ない」という劣等感を積み上げていく事になる。



そういったお子さんが世の中にもたくさんいるのだと思うと、「この子ならどうしたらクリアできるだろう」「クリア出来ない理由がどこにあるのか」という視点で指導者、支援者の方たちには接してほしいとお願いしたい🙏🙏🙏



そして人から教わるのを嫌がる息子には、「得意とする人から教えてもらうのがマスターする最短の方法」と身を持って感じてほしい。




勉強もパソコンも楽しく生きる方法も、独学ではなく人から学ぶ大事さに気づいてくれたらいいなと親として思います😌




さて、お試しのコンタクトを見事GETできた息子は家でもつける練習、取る練習を続けている☺️



初めは自分でやってみて、うまく入らない時は私が呼ばれ


👩「黒目が全部見えるくらい、指で目を開いて、コンタクトと眼球が平行になるように近づけてごらん」


👨‍🦱「入ったー!!母さんすげー!!」




ってな感じで私の株が日に日に上がってる
♡(ง `▽´)╯ワッハッハ




1回目よりは2回目、2回目よりは3回目と、装着できる速さも速くなってきた😊



こうして諦めずに、出来ることを増やしていってほしいな🌱




今日も息子は外出し、コンタクトの世界を楽しんでいる✨

by mashiro507 | 2019-06-09 09:29 | 息子 | Comments(2)

見えない障害

昨日、心療内科の帰りに息子と共に高校に立ち寄った。


先生に相談した結果を聞くために。。。



相談した内容は、「書道のレポート内にある【書き取り】」についてだ。




習字の単位は、半紙に墨で指定された字を書き、それを提出すればよいと入学前に聞いていたんだけど…今年度から変わったのか息子が苦手とする【書き取り】が。


d0357243_22464286.gif


崩した字って私だって普通に難しい…さすが高校の授業というべきか( ´ㅁ` ;)
これを何度も練習して、清書して出すように…という課題💧



空間認知力が低い点と、短期記憶も弱い事から文字を見て脳にインプットし、それをノートに書き出すアウトプットがうまく行かず、見たままの文字を書き写す事が難しい。←なので板書もキツイ



書き取りは綺麗に書く事を要求されるから、小2では何度も何度も「やり直し!」と書かれて宿題が倍増していった。



毎日深夜になっても終わらない宿題と、何が何でも宿題はやらなければならないという呪縛に取り憑かれた息子に父親は、



「薄く下書きを書いてやるから、それをなぞれ。なぞるのも立派な勉強だ」




そう言って親子の妥協点を見つけて、疲弊した息子と私達はやっと眠りにつくことができた。




いざ、なぞった宿題が戻ってくると、「親に書いてもらってズルはいけません。やり直し!」という先生の鋭い言葉と赤ペンで❌が。




先生にはお見通しですよ!!と言わんばかりの思いが字から溢れているようだった。




確かに息子はなぞる事すらも得意ではなかったから、下書きの字からはみ出して書いていたのかもしれない、頭が真っ白になって今となってはもう思い出せないけど。



けどさ、それまでも何度も何度も息子の宿題の字を見てきたよね?



なぞらせたそこに何か理由があったのか、と確認する気はありませんでしたか。




息子がズルをするような子に見えましたか。



毎日学校では、息子の何を見てくれているのかと悲しくもなった。




これをキッカケにますます息子の字は汚くなり、しまいには一切字を書かなくなった。


そんな経緯があるから、簡単な文字でも、たとえ汚くても息子が一生懸命書いてるのが私には痛いほどわかる。



今回の書き取りも練習を3行終えたところで、「出来ん…無理。もう単位落とす」とすっかり疲れきってしまった。



以前なら怒り狂ってビリビリと紙を破いて放り投げるとこだけど(過去記事の算数ドリルのように 笑)それをしなくなったのは大きな大きな成長だ(笑)



私はすぐに先生に電話して現状を伝え、本人の特性を伝えながら、何とかなぞる事で提出を了承してもらえまいか、と相談した。



すると返事は
「書き上げた時の達成感を感じてほしいので、本人にやらせてみてはどうでしょうか」と。



「本人に言ってみます」と一旦引き下がったけど、「達成感って何じゃ」とズレしか感じなかったよ(´ω`;)



その後リトライするも、もう見るのも嫌🌀と完全拒絶が始まり、達成感どころか「俺は出来ない」と自信喪失してしまった。



これはまた二の舞になっては困ると、再度先生に電話して、その結果を聞きに行ったというのが今回の高校訪問🏫
 


なぞるで🆗は出たけど、「本人が頑張れば出来る」という勘違いをしている人が、なんと多いことか( ・᷄-・᷅ )



努力では乗り超えられない壁があるから障害であって、支援が必要なのに。



私は息子が簡単に書き取りを放棄したわけではないという事を伝えたくて、「練習したものもせっかくだから先生に見てもらったら?」と息子に促した。



そう、息子はいつもどこでもレポートが出来るように持ち歩いてる、いつ自分が集中して出来る状態になるか分からないから💦



そんな涙ぐましい努力をけしてムダにはしたくない。


先生は「綺麗に書けてるやん!これでいいのに!」と言ってくれたけど、「頑張れば出来るやん、この調子で続きも出来るやん」という空気が出まくっていた。



その瞬間、小2の時の担任に「頑張れば綺麗に書けるのに手を抜いて怠けてる。書けるのに書かない」と言われたあの頃の記憶が私の頭をよぎる。



電話である程度の経緯は説明していたけど、「その3行で力尽きたんです」と付け加えた。



綺麗に書けたのは、彼なりに「ちゃんと書かねばならないもの」と認識して全身全霊のエネルギーをそこに込めたからだ。



例えれば砂漠の水のようなもの。


向こうに水が見える。
あそこまで行けば水が飲める。
そう思ってなけなしの力を振り絞って辿り着いた時、それが水はなく幻想だったら。。。



「そこまで歩けたんだから、また歩けるやろ?」と言えるだろうか。



私ならきっと気力も何もかもなくなって、倒れてしまうと思う。



達成感についても、あれを書き上げたって息子はきっと苦痛と疲労しか残らない。



目の見えない人に、何も使わず歩けと言って、歩けたら達成感が生まれるのか?



杖や盲導犬などのサポートがあった上で、一人でやりきった時に達成感と喜びというのが生まれるんじゃないのか?



中学の時は知識と理解のある先生に見守られて忘れていた感情が、チグハグなやり取りによって再び呼び起こされた。



見えない障害の難しさ。
先生に伝え続けていかねばならない。



「過保護でうるさい親だなぁ」と思われるんかな…と小学校の時にも思った感情が復活したけど、それでもいい、息子の為だ。


  
 



by mashiro507 | 2019-06-05 07:19 | 息子 | Comments(4)

ぐでーーーん

ぐでーーーーんとソファに寝転がる息子😵💦


それも致し方ない…と私は、そんな彼を横目にせっせと掃除をしてる最中です←そして今サボり中(〃゚艸゚)プッ


9時半に友達が我が家に遊びに来るのが決まったのは、昨日の22時過ぎてからやったやろうか⏰



そうなると私も来るまでに掃除やら何やら、来てもらってもいい状態に仕上げなければならない(笑)


息子も早起きをして準備を…の最中、9時15分。


「今日来ないって」と息子の苦笑😵



「また?!ฅ(º ロ º ฅ)」



またと言わざるを得ないくらい、何度もドタキャンをされているのです(*꒦ິ꒳꒦ີ)



その理由が納得行くものならまだしも、「お父さんが○○に行くと言ってるから」と強制的に友達も連れて行かれる🌀



相手の子は中2。
中学の時にスクールカウンセリング室で仲良くなったお友達✨
だから彼も何らかの困難を持って、日々過ごしているのだろう。



そんな子供だからこそ、他人との関わりの時間って大事に思わんのかな、親は。



中学生にもなれば、子供は子供の予定があるし、子供の世界だってある。
先に子の予定が入っていたら、そっちを優先してやっては?と他人の家族やけど思ってしまう。




約束するたびに顔をキラキラさせてる息子が毎度ドタキャンされて、「仕方ない、あそこはお父さんの言う事は絶対だから仕方ないんだ。行かないとお父さんが怒るから」と静かに笑いながら言う息子を見てると、本当に切なくなっちゃうよ( ´•̥ω•̥` )



きっとね、友達も不登校やったから、小さい頃から父親がいつも外に連れ出したり、子供の為を思っていろんな体験を一緒にしてきたんだと思うんだ。



手のかかる子ほど、いつまでも親が手をかけてやりたくなる気持ちは私もよく分かる。



どこでゆっくりその手を離してやればいいのか分からなくなってたり、もしくは離したくても親の方が離したくなくなってる場合だってあると思う。



けどそれはやっぱり子供の成長の足かせになってしまう気がする。



な〜んてここで何を言っても、そこそこのご家庭の方針があるやろうから口出し出来ることではないけども( ˆ꒳​ˆ; )


私は気をつけなきゃなと思いつつ


ただただ、息子がちょっと可哀想なのです🌀


by mashiro507 | 2019-06-02 10:22 | 息子 | Comments(4)