人気ブログランキング |

<   2018年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

エンパス

今日はちょっとスピリチュアルな話になるので、興味がない方、不快になる方はどうぞここでチャンネルをお変え下さい📺←


♡o。+..:*♡o。+..:*♡o。+..:*♡o。+..:*♡


ここ数日、書こうか書かまいか考えて迷って、やっぱり書こうかと今に至ってるんやけど、ズラズラダラダラ自分の為に書いているので長文になりそうやし、読みにくくなりそうな予感があります💦

なぜ迷ったかと言うたら、この手の話は興味がない人には全く興味がない話。
私はUFOの話、全然興味ない(;´・ω・)
なのにUFOの話を熱込めて話されると、ちょい飽きてしまう(笑)←UFO好きさん、ごめんなさい🌀
今回書く話も、そういうことかなーって(笑)

そんな理由で書く事を躊躇ったのと、私自身どう書いたら伝わるのかが未だに分かっていないから😓
そして書いたから、じゃあどうしたいの?って聞かれてもずっと分からなくて、何となく何となく来てしまった。

何となく来たけど、ついこないだドカンッと大きめのがやって来て、これ、何とかしないと。と思うに至りました。
そしてエンパスという表題を見て、詳しい方、経験者の方から話を聞ける機会になればという思いも込めて、あえてエンパスと書きました。

日本人には5人に1人はいるそうで、別段珍しいものではありません。
でも私の周りにはいないから、吐き出すところがなく溜まってしまってます
il||li (っω - `。)il||li

私は多分、軽いエンパス体質です。
いや、エンパスでもそうじゃなくてもいいんやけど、そう書いた方が話を進めやすいのでそう書きます😃

エンパス、知ってる人多いのかな?

「エンパスは、非常に高い共感力を持つ人のことを言います。

繊細な感性を持ち、悩んでいる人の相談役になったり、人をサポートしたりする能力に長けています。反面、他人の感情などを自分のものとして体感してしまうため、悩みを抱える人も少なくありません」



これはほんの一部だけど、いろんなタイプがいて、私は

感情ワンネス型

相手の感情をモロに受け取ってしまって自分の感情の様に感じるタイプ


これに気づいたのもここ数年の話で、それまでは多くの人が言うように、「みんなもそうだと思っていた」という感じ。


ただ思い返してみれば、あれもこれもそれも全部これだったのかぁと納得する。


昔から聞き上手と言われてきたこと。


「なんで気持ちが分かるの?!」とビックリされること。


相手の悩みを聞くと、自分がその人になった気分になって深く深く疑似体験をしてしまうこと。


悩みを聞きながら、急に頭の中が研ぎ澄まされて、意識が相手の意識に入ること←うまく説明できない😵


周りはいい人と言ってても、最初の段階で「この人裏ある」とすぐに気づくこと。←大抵当たる


昔やってたブログでは、自然と悩みを抱える人が集まってきて、相談に乗っているうちにそのエネルギーが集まりすぎて私が疲れきってしまった💦


そんな事があってから、「この人の悩み、多分分かってあげられる」と気づいても、自分から私に相談しようとしてこない人で負のエネルギーが強そうな人は「ごめん!」と心の中で詫びながら、「どうしたの?何かあった?」と声をかけるのをやめてきた。

自分を守るため。


でも私は大切な人や聞いてあげたい人の話は、やっぱり聞いてあげたい。

聞くことで相手が少しでも楽になるなら聞いてあげたいと思ってしまう。


この話を親しい人にしてしまうと、私に遠慮して悩み相談をしにくくなるのでは・・・という思いもあって、ずっと言うに言えずに来た。


どうか勘違いしないでほしいのは、誰でもいつでも相手の悩みを自分の中に取り込んでしまうわけではないということ。

だから読んでくれた皆さんは遠慮せず私に相談してねぇ(๑o̴̶̷᷄﹏o̴̶̷̥᷅๑)(笑)←相談されないと寂しい


いろいろネットで調べていくと、「ネガティブに近づくな」と書いてある。

自分の経験で、「これは飲み込まれるな」って思う人には深入りしないというのは先程書いたけども、それがこれに当てはまるんだと思う。


じゃあ聞いてあげたい人の悩みは?

それはどうしたらいいの?というのがどこにも書いていない😩


私自身、相談を受ける機会が多くて、でも全然嫌じゃないし、むしろ力になりたいと思っている。

このエンパスの影響を毎度受けるわけでもなく、悩みを聞いても相手の気持ちも分かる上に客観的に相談に乗れることも多々ある。

それが出来た時は相手も喜んでくれるし、私もすごく嬉しい。

常にそうなれないかと、私は願っているのです( ´・ω・`)

でも自分でコントロールができず、どういう時に相手の感情が全部入ってしまうのか、どうやったら防げるのかが今も分かってません。


先日、職場の人の旦那様が病に倒れ、とても危険な状態だ。

おそらく事細かに話してくれたのは職場でも私だけだと思う。

仕事中私はすっかりその人になったかのように頭から離れなくなり、涙すら油断すれば流れそうな勢いでした。←そして今も

それがずっとずっと続き、とうとう動悸を起こして家で寝込むという🌀

何ともまぁ勝手な私の体・・・(´°ω°)チーン


「ましろさんに聞いてもらってよかった。こういう話は同じような境遇が分かる人じゃないと話しにくい。言わなくても分かってくれてありがとう」

そう言ってもらった時、救いたいと思った私の方が救われた。

まだまだ続くであろう彼女のこれからを思うと、いちいち私が倒れてちゃいけない。

だからもっとエンパスを知り、自分を知りたいと思った。

それには、こうやって整理して書き残し、自分のもやもやを発散してスッキリしたい。


まだまだ書ききれてないことがたくさんあるんだけど、人と話す事でボロボロ出てくるような気もしています。

再来週友達に会ったら、私の自分探しの旅に協力してもらおうかなと思っている。

私をよく知っているからこそ、自分でも気づかない部分の指摘を少し期待☺️


あー、ちょっとスッキリした!


自己満な投稿を最後まで読んでいただき、ありがとうございました✨




by mashiro507 | 2018-09-18 13:00 | ましろ | Comments(8)

もっと知ってほしい

うちの息子に発達障害があると知った人から


この本を紹介してもらいました😃

d0357243_21031412.jpeg

その方は周りにはいないけども


テレビを見て、関心を持ち


買って読んだそうですが


「胸が潰れそうになりながら読んだ」と言っていました


知ろうとしてくれるのが、本当に嬉しい
(*´ω`*)




こりゃ私も読みたい!!と思って


早速図書館で借りて読んだんですが


部分部分で涙が止まりませんでした、息子と重なって😭


この著者は発達障害ではなく


ディスレクシアだけのようなので


運動は人並み以上に得意だし


コミュニケーション能力も高くて人望も厚かったようです😃


ただ、時代が今ではなく昔🌀


字が書けない、読めないというだけで


学校の教師や友達には手のひらを返したような態度を取られ


理解のない環境に翻弄されていきました
(´;ω;`)


読み書きだけ、という部分な事も逆に生きにくく


いろんな人の感情もダイレクトに分かってしまうので


辛かっただろうと思います😢


私は発達障害児の親ではあるけれど


どうやっても当事者の気持ちと同じにはなれない


だからこの本を読んで、いろんな気持ちを知れて


よかったと思いました😃


引っかかったのが


「今がいいから、それで全てを忘れられるわけではない。当時の辛かった想いは消えることはない」


このニュアンスの言葉です←本を返して忘れた😅



✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚


息子が整骨院に行くと


毎月1度だけ書類に、直筆でいくつか記入しなければなりません✏️


かれこれ4月から通ってるから


6回ほど書いたことになります、毎度同じ言葉を😅


その度に息子は書けなくて💦


私がメモに書いて、それを見ながら書き写す


こないだはスタッフのお兄さんに


「まだ書けんの?!」と大きな声で言われてしまって😅


他のお客さんにも丸聞こえ💦💦


息子とスタッフの方の関係が良好だからこそ


そのセリフを言ったんだろうなってのは分かるし


そんなに深い意味もなく言ったんだと思います


ただ、本を読んだばかりだったから・・・


息子はどう思ってるんだろうって複雑な心境に😵


著者は、字が書けない事を他人に知られるのが嫌で、頑なに隠そうとしてたし


知られた時にする相手の表情や言葉にも傷ついてた😣


息子と一緒にしてはいけない部分もあるけど


もし傷ついてたら・・・プライドにも傷がついてたら・・・


そう思ったら、隣にいる私の方がいたたまれなくなった


息子の反応は


「書けねんだよ~、なんでかななんでかなー😜」と


冗談ぽく返し


相手のスタッフも「なんでかなー」と冗談で終わっていた


それはそれでいいのかな(;´・ω・)


私が電話をして事情を話し


字が書けない事をあまり言わないでもらうよう言ったらいいのかな💦


でも今更な気もするし


変な気を遣われて、普段の会話もギクシャクされてはちょっと困るな😓


月に1回だし、あと何ヶ月通うかも分からないし


という思いもあって結局気が重くて言えず🌀


息子がこんなにずっと書けない事


おかしいな??って思わないものなのかなぁ💦


by mashiro507 | 2018-09-13 17:51 | 息子 | Comments(4)

レトルトカレー

大阪の台風、北海道の地震


身内や友達たちが大変な思いをした自然災害🌀


今もまだ継続して、不便な日々を送っている💦



いつも「再度防災グッズの確認を」と思いながら


何となくまた日常に紛れて


そのまんまになっていた物を今度こそチェーック!!




・・・結構ガラクタばっかやった( ̄▽ ̄;)


今の時代には適さないものとか→ガラケーの充電装置


水や食べ物は期限が切れた時に


全て使ってしまってて補充してなかったし


ロウソクが入ってたけどドロドロに溶けてたし😓


なぜかのど飴はいってたし(;゚;ж;゚;)ブッ
なんでや!(笑)



d0357243_16364963.jpeg


買い揃えてきました~🎵


写ってないけど水や他の食料もGETです👍


でもまだまだあった方がいい物があるなぁ~💦


これもあった方がいいよ!っていう物があれば


ぜひ教えてください🙌🙌


赤ちゃんのおしりふきも絶対買っときたい!←まだ買ってないの😥


あ、ラップも入れとかんとなッ!




食料の一つにレトルトカレーをチョイス🤔



息子に「次郎は中辛?辛口??どっちにする?」



って聞いたら瞬時に



「甘口でいいよ!俺が死んだら母さん食べれるやろ?



だって( ☉_☉) パチクリ。



そう、私は辛いのが苦手なんです😅


俺は甘いのでも我慢して食べれるけど


母さんは無理だろ?


・・・という事でしょうね


私にはそんな事考えもつかなかったよ(笑)


いつも彼の脳みそには驚かされます(*´ω`)


by mashiro507 | 2018-09-12 16:30 | 日常 | Comments(2)

部活

息子は一学期から2週に1回


スクールカウンセリングを受けています😃


2学期に入ってからも、それは続ける意思があり


それが先日でした🏫


Tくんと出会ったのは、そのカウンセリング室( °_° )


本来なら、他の生徒とブッキングすることはないようですが


カウンセリング室内にある小部屋で


Tくんは勉強をしていたようなのです



Tくんは息子を覚えていないようでした😅


まぁ小さかったから仕方ない(笑)


息子はTくんのネームを見て


すぐに分かったようです✨



実は一学期も終わりに近づいた頃


息子から


「Tくん、園芸部にいるんだって!1人で!」と


どこからの情報だったのか私に教えてくれました😉


同じ幼稚園の子は皆友達🎵って感じだったので


こうして何年経っても、同じ園の子供たちの情報が入ると私に教えてくれます😁



1人って・・・何かあるんかな


それとも余程土いじりが好きなんかな・・・


そんな思いがよぎりつつ


「それなら次郎も園芸部入ったらいいじゃん!」と


言ったけど、やっぱキッカケがないと難しいものです


そもそも不登校でほとんど学校行ってないし(;゚;ж;゚;)ブッ



私の予感は的中し


Tくんは小学校でのいじめが原因で不登校気味になっていました😢


それでカウンセリング室で偶然、息子との再会になったということです😃


そして


「俺、園芸部に入る!入部届けは次、学校に行った時に用意してくれるって!」


ฅ(º ロ º ฅ)oh〜✨✨✨


世の中3生は、部活を引退し受験勉強に励む時期だろう


そんな中、息子は初の部活入部を迎えようとしている☺️


本当何があるか分からないものだね(笑)



ずっとやってきた畑作業もきっと


ここで生かされ、本人も抵抗なく


園芸部に馴染んでいくことでしょう


全てが繋がるべくして繋がったような


不思議なものを感じています😌


Tくんにとっても息子にとっても


学校で同世代同士での関わりは久しぶりなはず✨


残り少ないこの触れ合いが2人にとって


大切な時間になりますようにと願わずにいられません☘


d0357243_21284796.jpeg

ハーバリウム、習ってきました🎵


青が私です(*´罒`*)ニヒヒ☆

by mashiro507 | 2018-09-08 21:05 | 息子 | Comments(4)

Tくんファミリー

Tくんの状態とTくんの家の住所を聞きに幼稚園へ行きました


そして対応していただいた先生にも、お詫びを伝えました😣


こんな事、子供ならあるある・・・

あそこのお母さん、いろいろ言うかもしれんけど気にすることない😊



え、園長先生までそんな事言うんかい
( ̄▽ ̄;)

どんだけ怖いお母さんやねん😖💦



けどおでこにケガなんて、傷が残ったらどうしよう・・・



そっちの方が私の心に重くのしかかり

お詫びのプリンを持って、いざTくん宅へ🏠



チャイムを鳴らして出てきたお母さんに


誠心誠意で息子と共に謝ると


「全然大丈夫!!軽く切ってもおでこはたくさん血が出る部位だから~😃」


と明るく許してくれました!


傷の程度も縫わなくて良かったらしく、本当によかった!


でも痛いには変わりないから、やっぱり申し訳なさでいっぱいだったけども・・・😣


「こんなんあっても、全然謝りにこん家もあるけんねー!」と違う1件の文句の聞き役になりながら、何とか良好に終わりました(´Д` )


この件を機に、お互いどこかで顔を合わすと立ち話をするようになったり


Tくんを迎えに来たお姉ちゃんに息子が気に入られて遊び相手になってもらったりして、何となく繋がってきた関係😉


卒園すると、偶然会う機会も減り、交流がなくなってしまいました


そして9年が経ち、昨日の話


「Tくんと話した!!」と息子😳


中1になったTくんと中3の息子


意外な所で再会することになりました😁



お話、もう少し続きます✨


by mashiro507 | 2018-09-08 11:56 | 息子 | Comments(2)

息子の理由

部屋に戻って、ヘラヘラしてる息子を座らせ


向かい合って事情を聞きました


「どうしてTくんは転んでしまったの?」


当時は今よりずっと説明というものが苦手だった息子の話を要約すると


Tくんと手を繋いで歩きながら、片足を大きくあげてバランス取ってみたら、バランスが崩れてTくんの手を引っ張ってしまった


年齢より体が大きい息子が小さなTくんをふいに引っ張ったら、そりゃ一溜りもない🌀


なぜにそんな時にバランスとるんだよ
_| ̄|○ il||li


年齢的にも特性的にも、こうやったらこうなる、が分からない部分も強く出てしまいました😓


事態の大きさがわからない息子に私は真剣な顔して


静かに伝えました



「そうだったんだ。

今Tくんは怪我をして病院にいる。

とても痛かったと思うんだ。

Tくんのお母さんだって、すごく心配をしてると思うんだよ。

お母さんはもし次郎が怪我したと聞いたらすごく心配だし悲しい。

だから・・・」


そう話しながら私は涙ぐんでしまい


息子は真剣な顔をしたまま、涙を流しました


「・・・怪我をさせてしまったこと、一緒に謝りに行こう」




by mashiro507 | 2018-09-08 11:35 | 息子 | Comments(0)

幼稚園時代のTくん

息子が通っていた幼稚園は


とても古く、そして少人数のアットホームなところでした😃


学年にそれぞれ1クラスしかなく


しかも1クラスが10人前後🙄


だから学年を超えて、全園児を何となく知っていて


私が知らない子でも「次郎くんのお母さんだよね!」と


声をかけられる事も多いし


「次郎くんがね~」とよく知らないお母さんから


息子の面白い話を聞いたりすることもありました(笑)


今思うと、そんな幼稚園が息子に合っていたと思います😃


少人数だからこそ、一人一人の個性を尊重し


親全体が、他人の子も見守る形が出来ている幼稚園でした✨



年長さんの時の話です😊


近くの幼稚園なのもあって、息子は先生引率のもと


同じ方面の園児と共にマンション前まで歩いて


帰ってきていました🌸


年長だった息子は、年少さんのTくんと手を繋いで


帰ってきます🚶‍♀️


いつものようにマンション下で待っていると


なかなか帰ってきません💦


やっと姿が見えたと思ったら


先生の服に大量の血がついていました😳


「次郎くんがTくんを引っ張って、Tくんが転んでしまい

おでこを切って怪我をしました。

今Tくんは病院に連れて行ってます」



え・・・・・・・・・


先生の服の赤さに、切り傷程度ではないと分かり


どんどん血の気が引いていきました


でも息子はその時ケロッとしていました💦


幼稚園児だからケロッとしているというのとは違います


他の子を見てても、おちゃらけてはまずい、という状況はもう分かる年齢でした


共にいた子達は表情が固かったのを覚えています


後から思えば


場にそぐわない言動や行動を取ってしまうところ

状況を察するのが実年齢より人一倍弱かったところが出てたなって思いました


けどまだ当時の私は、息子に特性がある事を知らず


「笑ってる場合じゃないだろ✊💢」と思いました


周りには息子の反応が不謹慎に映ってたことでしょう🌀


これはすぐに親御さんに謝りに行かねば!!と


思っていると、一緒に待ってたママ友が


「Tくんのお母さん、結構癖あって怖いよ😱

責められなきゃいいけど💧」


それは、よりによって、あのお母さんの子相手なのね😰と言われたような気がしました💦


でも完全に息子が悪いから、ちゃんと謝ってくる・・・


そう伝え、マンションの中に入り


息子から事情を聞くことにしました。


by mashiro507 | 2018-09-08 11:00 | 息子 | Comments(0)

地震

朝起きると、母からメールが届いていた✉


地震あったけど、こちらは大丈夫。

停電してるんだけど
よりによって、昨日は携帯の充電をしてなかったから
連絡は控えます。



そんな内容でした💦


急いでリビングに行きテレビをつけると


事の大きさに呆然としてしまいました


札幌にいる友達は大丈夫だろうか・・・


ニュースで知ってる地域が出る度に


胸が痛みます😣


朝から「実家は大丈夫?」という心配の連絡と


私から「被害ない?」という友達への連絡とで


あっという間に午前中が過ぎても


停電は復旧せず、信号機もつかない状態🚥


母はガラケーだけど、どこから情報を得てるのだろう?


いろいろ教えてあげたいけど、携帯の電池・・・😵


明日は仕事だろうけど、もしかして行くのかな?


電話したくても、携帯の電池・・・😥


「充電出来たらメールちょうだい」とだけ


しびれを切らして16時過ぎにはメールをした😵



すると15分後に家の電話が鳴り


母からの電話でした😳



「どこから電話してるの?!」


それが私の第一声でしたが


今、道内の公衆電話は無料なんだよ。と。


「その情報はどっから??」


ラジオで言ってたのさ~😃


私が心配していたよりも、ずっと元気で


たくさんの情報を知っていました📻


やはり昔からある機器は、こんな時に役に立つのだなぁ、と思いました


室内の物が倒れなかったことや


ガスや水道が使えるという事で


数日間の停電なら大丈夫、と聞いて少し安心しました


こんな大きな地震は初めてで


事が起こってから、何も準備出来てないと気づくねぇ・・・


としみじみと言っていましたが


私もそれは一緒です😵


安否不明の方たちが、一刻も早く見つかりますように🙏🏻


大好きな北海道が・・・涙が出ますね


by mashiro507 | 2018-09-06 17:00 | 日常 | Comments(4)

今日は始業式

「始業式は行く🏫」と決めると


ちゃっちゃか準備して


6時45分に家を出ていきました🚶‍♀️🚶‍♀️🚶‍♀️


だから早いっちゅーねん( ̄▽ ̄;)



以前は「明日行く!」と言っても


その時になると布団から出てこなかったり


不機嫌になって、八つ当たりされたりで


次郎の言葉が信用出来ませんでした😓



あ💡


突然ですが


「俺の事、次郎って書いて!!」という


息子の希望により、「次郎」とさせていただきます(;゚;ж;゚;)ブッ



学校に行くことを、親が導くのではなく


次郎の自主性に任せるようになってからは


少しずつ行く前の吐き気も治まり


自分で決めた事は実行するようになりました😊


無理をさせず、時が熟すまで待ったのがよかったんでしょうか


本当に今思い出しても


あの吐き気はかわいそうやった🌀


学校に行く時間が近づくと、オエってなる😣



だから吐き気がなく


「行ってきまーす!」と元気に言って出かける後ろ姿を


見えなくなるまで見送ってしまいます(*´ω`*)


目に焼き付けたいと思ってしまうのです🌸


昔はこんな姿はもう見られないのだと思ってたよ😌


今も不登校児には変わりないけど


だからこそ、数少ない登校日は


納得して行ってもらいたい😃



帰ってきて話を聞いたら


学校で寝てたんだって~、始業式なのにいつ寝るねん
(*´’Д’):;*.’:;カハッ


ADHDの子は常に眠気がある事がある、と


医師から聞いてはいるけど


息子もそのタイプらしく、いつも日中は眠気と戦っている😥


教室には「睡眠室」という名の寝場所があるらしい(笑)←他の子も使用


理解ある先生に守られて、本当にありがたい事です😌


普通やったら大目玉やんな😅💦


あまり学校のことを話さない息子だけど


今日は転校生の女の子が入った!と教えてくれた😊


今後どんな話が聞けるか、乞うご期待だ😁


d0357243_21432357.jpeg

一緒に食べよう!と言われて購入したやつ・・・


恐怖しかない(;゚;ж;゚;)ブッ

by mashiro507 | 2018-09-03 21:14 | 息子 | Comments(6)