人気ブログランキング |

カテゴリ:息子( 148 )

そこはいいんかい❗

先日、近所で花火大会が行われた🎇


こじんまりとしたお祭りだけど
チラホラ出店も出ていて
それなりの賑わいに夏気分を味わえる✨



このお祭り、実は去年まで息子と私で参加していました😆
去年と言ったら中3よ?
すごいよね(笑)


近場という事もあって
小3くらいになるとね
みんな同学年の子たちは
友達同士で参加してるんだ〜
親となんて誰も来ていない💦



なんか私にとっては
切ない気持ちになる日でもあったけど
不登校同様、人にどう思われようと
堂々としようという気持ちと
息子が「親と行くのは恥ずかしい❗」
って言うまでは
夏の風物詩を一緒に過ごしたかったんだ☺️



今年はもう不登校も卒業してるし
行きたかったら友達誘うんかな?くらいの気持ちもあって、最初から私は行く気ゼロ(笑)



そしたら息子は早めのひとっ風呂を浴び
息子も行く気配ゼ〜ロ〜🛀



時刻は19時半を回った時
ドタドタと2階から駆け下りて来て



「母さん❗Mと花火大会行ってきてもい!?」



Mとは卒業式に一緒に写真撮ってくれた女子ね❤



高1にもなって確認するとこが可愛い😍と思いながら「いいよ〜」と返事すると
すぐさま準備を始めるヽ(д・≡・д)ノ



あ、先に言うとくけど、残念ながら息子の好きな子はMちゃんではありません( ; ; )



今時の子って
友達同士でも異性二人で
お祭りに行くんですね…( ˙◊˙ )
私の頃だと、そんなん大騒ぎでしたけど←



いつの日かお友達と
お祭りに行ってくれたらいいなぁ(*´ー`*)と
思っていた願いがまさに叶いそうな日
何やらポツポツと雨の音が(இДஇ )



息子にそれを伝えに行こうと
部屋へ近づくと話し声が👂



「風呂入って、頭がヤバイんだってー!」



ガチャっとドアを開けると
LINE通話をしながら着替える息子(笑)
確かに風呂上がりの息子の髪はいつも
天パーがお祭り騒ぎをして
実験に失敗した博士のようになる(;゚;ж;゚;)



「え、セットしていかんの?🙄」
私がそう言うと



「帽子被っていくからいい❗」と
被ったのは冬用の帽子(´゚∀゚)・:.・:∵ブハッ



ちょちょちょちょ待て〜〜ぇい❗
それは恥ずかしいって❗
夏祭りだよ、花火大会だよ?!



「だって頭ヤバイから、被らんと無理❗」



せめてこっちの帽子にしなよ〜💦と
春や秋口に被れる素材のキャスケットを渡すと



「(ヾノ•᷅ ༬•᷄ )断るッ!」



ボンバーヘッドは恥ずかしいのに
冬の帽子、そこはいいんかい❗∑(OωO; )



という息子ならではのお話(笑)



発達障害の子は羞恥心が
身につきにくいということで
私も色々頭を悩ませた時期もあったけど
今は随分人並み?になりました😁




ただ「そこはいいんかい❗」が
よくあります(* ̄m ̄)ぷっ
笑えるやつだから良しとしよう(笑)


by mashiro507 | 2019-07-28 08:41 | 息子 | Comments(4)

フリースクールに通っていた頃😃



スクール通信という名のプリントを
毎月1枚もらって帰ってきていました♫




通信制のサポート校でもあるので
高校生主流となるメンバーが多い中
プリントの内容は



「レポート」やら「スクーリング」やら
当時の私にはまだまだ先の事過ぎて
よく分からない文字たち(・∀・`*)ヘヘヘ



そんな中でいつも目につく言葉がありました✨



「スケジュール帳を使って、自己管理をしてみよう」



先生からも
「次郎くんにはまだ早いかもしれませんが、スケジュール帳を用意してみてはいかがですか?

先の予定が見えたり、記憶忘れの防止にもなるので習慣になったらいいかと思います😊」と。



当時はまだ小学生だった事と、何度も書きますが字を書くのが好きじゃなかったので、本人に言ってみても首を振るばかり(笑)



そりゃそーだよなー(´-ω-)フーゥ…


と思って、私がずっと(今も)リビングに大きめのカレンダーを掛け、そこに予定を書き込むという形になりました。



まずはスケジュールを自分で書いて管理するより



「毎日カレンダーを見て、予定を確認する事」というスモールステップから開始(ง •̀_•́)ง



今日は何の予定〜???と聞かれたら
「カレンダー見てみて〜♫」と促す。
日々、その繰り返し☝



息子が苛ついてる時、等
「こりゃすぐに教えないとヤバイな😱」
というような時は
カレンダーを見る工程を飛ばし
口頭で教えるのも
大事な作業になりますm(*_ _)m



私自身が毎日何度もカレンダーを見て確認するので、それを見て育った息子は時間がかかりましたが自然と同じ事をするように🤣



そんな数年を過ごして、今は高校1年生✨



当時はなかった(あったのか?)スマホでスケジュール管理するというアプリを入れて、自分で管理するようになりました☆٩( 'ω' )و




字も書かなくていいし、間違ったらすぐ消せるし、予定を入れとくと通知が来るし、息子には持ってこいのアプリ♡



こういう本人に適した物があれば、拒絶感なく、すんなり取り入れれます✌



「こないだデイにファイル持っていくの忘れちゃったから、スケジュールに書いとくわ〜」



なんて自発的に言うてきた時は
(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)ォォォオオと心の中で大拍手✧*。👏🏻



出来ないんじゃない。
人より時間がかかるだけなんだよね。
そして本人に合った方法を見つける事。



あの頃はスケジュール帳なんて無理…(´・ω・`)
って思ってたのに、ね。



中学卒業後、本人の希望で
ブラックボードを購入した🌟



やらなければならない事
忘れてはいけない事を
ブラックボードに書きたいのだという😃



自分の特性と少しずつ向き合う中
不注意の部分を
これで何とかしたいと考えたらしい🍀



d0357243_22324648.gif

「かみを切るのでワックスかけない」


次の日、散髪に行くので
忘れないように書いたみたいなんやけど
…かわいくなーーい?(艸*>3<*)∵ぷっ




シリーズ化しよかな(;゚;ж;゚;)ブッ



最近はこのボードを見るのが
楽しみで仕方ない私です(笑)

by mashiro507 | 2019-07-16 22:51 | 息子 | Comments(4)

バス

息子の心療内科に付き添うようになって、2ヶ月になります🏥



相変わらず病院や薬局に対して、色々思うところはありますが…次の病院も見つかっていないことや自立支援の申請をしている最中ってこともあり、そのまま通っています😥



通院の間隔は投薬が安定しないので、週一ペースで通っているんだけど、以前にも書いたように駐車場の料金がハンパないのね🌀



今日はいくらかかるのか😱とヒヤヒヤハラハラするストレスも結構負担なので、思い切って定額のバス🚌にシフトチェンジ❗



往復で820円もそこそこ泣きそうだけど(´-ω-`)(笑)



普段の私は車人間🚗💨



息子が荒れ狂うた9年前から(笑)
常に息子と行動を共にしていたので
更に磨きがかかって車人間へと成長しました😝




バスを使うと言ったらねぇ
高校時代のバス通学の時と帰省した時の移動くらいかな(*´∀`*)




なのでココらへんで乗る事がなかったもんやから、超新鮮✨✨✨




車に乗ってたら見ることのない乗客の人間模様や景色をゆっくりと観察できて、気分はすっかり「世界の車窓から」よ( ㆆ ㆆ)و✧←



二人席に息子と並んで座り、バスに揺られていると



あぁ、こうやって次郎は毎日バスに乗って、この景色を見て学校や自習室に通ってるんやな…ってちょっと感極まるものを感じる😢




慣れた感じで乗客に同化してる息子が急に大人びて見えて、こんな姿を見るために神様があつらえてくれた機会なんだって思えたよ✨



心療内科に通うのも、バスで行く事になったのも全て理由があった気がして、心が晴れていくようでした🌈



私がバスの事をよく知らないと思って、「降りるのまだまだだよ」とか「バス代410円だよ」とか教えてくれる🌸




そしてバスを降りてからも、私はバス停からの病院の行き方が分からず、息子の後ろをヒョコヒョコとついていく🐥🐥🐥(笑)



あぁ…私の老後を見てるようだよ( ゚∀゚)・∵ブハッ!!



ある意味、このまま息子が大人になったら、私の老後は安泰かもしれない(笑)



すっかり私より街っ子で、どこに行くにも揺るがない歩幅が逞しくも感じて☺️



そんな息子に黙ってついていくと
街中の賑わいの中、ひっそりと佇む小さな寺院へ歩みを進める。




へ??(๑́ºㅿº๑̀)
なになに??
病院ちゃうよねσ( ・Δ・ )?




迷わず一直線に進み
前にしたのは「水掛け地蔵さま」




ひしゃくを手に取り、水を汲み
お地蔵様の頭や身体に水をかけながら



「毎日必ず来るんよ」



と言った時の穏やかな表情は
一生忘れない気がします。




近くのボードに書いてあったお言葉。

『水は生命の源 
水は全てを清める 
私の心の中にある煩いや悩み 
罪を水を流すように 清めてくださる

水かけ地蔵さまは 
私の代わりに水をうけてくださり
私の穢れを洗い 心をきよめ 
ご利益を授けてくださる』





この文章を読んだら
息子の今までと
毎日ここに通う息子の想いを想像するだけで
なんだか涙が出そうやった(๑⃙⃘°̧̧̧ㅿ°̧̧̧๑⃙⃘)




ちょっと前まで
「俺は性格が悪い」
「他人の気持ちなんてどうでもいい」等を
重ね重ね言っていたから
余計に胸に来るものがあったんだ…




d0357243_21082546.gif

病院の帰りに食べたオムライス🥚


分からないお店も
チャチャッとスマホのナビを操り
私を案内してくれる息子はまた
急激に成長した気がしました💮


by mashiro507 | 2019-07-14 21:04 | 息子 | Comments(2)

夏休み

一足早く、息子は夏休みに入りました😃


…って6月末から(;゚;ж;゚; )ブッ




はっえーーーーΣ(・ω・;ノ)ノ



レポートの提出を全て終えた子から順に夏休みがスタートする…というスタイルのようです🌻



正解率はどうであれ、それだけ息子は先に先にとレポートを取り組んでいた…って事ですね、頑張りました💮



ちょうど中退だの行きたくないだのを言っていた時期だったので、いいタイミングで夏休みになったかなぁと思っていたのですが、夏休みが始まってもいつも通り登校しています(笑)



「行かなければならない」という縛りがなくなると「行きたくなる」もんなんですかね〜😆



ほら、私達だって「勉強しなきゃ」と思うとやりたくないけど、学生生活が終わって大人になると「もう少し勉強したかったなー」って思ったりしませんか?(°∀°)アヒャ



それを思うと、ずっと不登校だった息子に対して「行きたい時に行けばいい」の形は適していたのかもしれません🍀




行きたい時に行く=必要な日は行く、に代わり、今のところ休んだ日は一日のみ🤩




特別活動という行事も、定期的に参加しています😊




あの息子がすごくないですか?!



昼まで寝てた息子が。



毎日家にいた息子が。



学校の文句しかなかった息子が。



朝、しっかり起きて登校をしております❗


あ、早退はしまくってますけどー(笑)




学校へ面談に行ったり、息子に出してもらったお薬(プラシーボ的にかなり少量ですが)のおかげか、息子は峠を越えてまたほんの少し穏やかな日々を送れています😃



とはいえ、見えない部分では彼もまだ黒いものと戦っているんだろうけど…




今までよりも私に胸の内を話してくれるようになったので、敏腕カウンセラーとして(笑)私も観察をしっかりやりたいと思います✌





学校生活はというと、滞在時間10分程度(・▽・)(笑)




家でレポートをこなし、分からない所は登校して先生に聞く。




それが終われば早退。←で、10分(笑)
今はレポート終わったのに、何しに行ってるんやろ、謎や(๑⊙v⊙)ぷ




他人から見ると、「それ学校行ってないに等しいやん」と思われるかもしれません。




でもこれが息子が無理なく続けられるスタイルとして、私はアリだと思っています😃




在宅コースに変えるなら、10分でも登校する事に意味がある。




苦痛を抱えながら100分その場に居続ける事よりも、決められた曜日に登校し、少しでも顔を出して要件を済ませたら帰る。



その継続する力を養ってほしい。



きっと「100分だけなんだから、我慢しなさい!」なんてふうに学校も親も言っていたなら、息子の成長はそこで小休止になっていた気がします。




帰ると言っても家に帰ってヒッキーになるわけではなく、自習室に行ったり放課後デイに行ったり、街中をブラブラしたりと毎日自分で何するかを考えて、自由行動を満喫中😁



いちいち「フリースクールに顔出してくる」やら「今、帰ってるで〜」やら連絡してくるところが、純粋で可愛いんですけどね♡




家庭によって、我が子に願う事、求める事は違うと思いますが、我が家は「自立」と「社会性」



その部分がしっかりしてきたなぁと思えるようになってきました。




今年の夏は帰省します✈



こんなに早く夏休みになるなら、もっと安い時期にチケット取ったのに…( ´•̥ω•̥` )



べらぼうに高いのよ_:(´ཀ`」 ∠):_



チケットの領収書、誰にも見せてないくらいに(´⊙ε⊙`)ブッʷ

by mashiro507 | 2019-07-10 16:35 | 息子 | Comments(6)

高校が怖い

息子が高校が怖いと、出先から帰ってくるなりリビングで横になり呟いた。



夜になって私は息子の部屋に呼ばれ、詳しく話を聞く事となる。



今日はプライベートで、私と楽しいイベントに参加した後、「高校中退するかも」と言った。



楽しい事が心を浄化するとは限らないということを知ったのは数年前。




楽しい事も人間はストレスがかかっているのだ、ということを昔読んだ本に書いてあったからだ。



その本は何に関する本だったか、私ははっきり覚えている。


ああ。


私はどうしたらいいんだろう。


息子にどう言ってやったらいいんだろう。


神様。


泣きたい。

by mashiro507 | 2019-06-23 21:51 | 息子 | Comments(0)

しまった。

「習字手伝って〜😃🙌」



と息子からお声がかかった朝☀



いいよ〜♫と家事を手っ取り早く片付けて、息子の部屋へ・:*三( o'ω')o



「清風」って字を書くんやけどさ



小学校で基本を学んでこなかった息子は



筆を寝かして鉛筆ででも書くように



サッ


ササッ


サササーーーっと


跳ねるも止めるも全くない細い字で


習字とは言えない書きっぷり(*ノω<*)アリャリャ~




筆をゆっくり滑らせ…ってのは皆無(笑)



自分の実力を度外視して100点満点を取ろうとするのが息子だ( ¯―¯٥)



最低限の基本を知っておいた方が、それなりに本人も納得行く字が書けるだろうと



動画を撮って、筆がどれだけ寝ているかを見せてみようと思った。



そしてその後、得意でも何でもない私の書き姿の見本を見せようかと(๑¯ω¯๑)ウム。




2回書いただけで「もう無理よぉ💧💧💧」と投げ出し始めてるところに




動画撮影🎥




「なんの為におるんよ💢もう一人でやる!」宣言された( ̄▽ ̄)




しまった。。。上を目指しすぎたか💦💦




姿勢とか筆の立たせ方で、滲み防止や形のいい字が書きやすいかと思ったのだが(¯ω¯💧)




書けたらいい、提出できたらそれでいい、ってのは私の中で最終的な妥協だ。




今の息子ならもう少し頑張れるんじゃないか…と調子乗ってしまったか。
しまった( ゚∀゚)・∵ブハッ!!



未だにこのさじ加減が
難しかったりする(๑´Д`ก)



最初から「いいよいいよ、書けたらいいよ」ってしてしまうと、本人の伸びる力が止まる気がするし



ちょっとのアドバイスでもしちゃりましょか〜♫と口出しすると



「もうやめた!!二度とやるか!!」



になる展開も待っていたりする(笑)



今回は一切言い返す事なく、さっさと息子の部屋を出て、気持ちを立て直したら呼ばれるかな?とリビングで待機。。。



今日はもうやらないかな?( ˙꒳​˙ )



でも明日でも出来たら。
明日じゃなくても期限までに出来たら、良しだよね。



こんな事を思えるのも、まだ提出期限に余裕があるからで、明日まで!とか今週中!ってなると気が気じゃなくて、ハラハラたまらん😅



のんびり構えてると



「母さーーーーん❗チェックしてーーー❗」



「はーーーーーーい♫」←元気よく機嫌よくがミソ



滲んでしまうんよねぇ…という息子に墨汁のつけすぎと、半紙が裏表が逆に使われている事を指摘☝←表がある事に気づいてないあたり(笑)



筆を立たせることで、均等に墨が降りてきて滲みにくくなるよ💡と言うと、「そういう事かぁ〜」と素直に意識してやりだした。



やり直しや〜🤣って笑ってやり直せるあたりが、本当に本当に夢のよう(๑¯∇¯๑)



息子なりに頑張って書いてました💮



跳ねや止めは全くなくて(笑)もう少しここを…と言いたいとこだけど「滲まなくなったやん、墨の量と筆の立たせが良かったね❗」と前進した部分のみ伝えて、今回は終了♫



まぁまだこれからも習字の課題はあるから、徐々に…でしょう🙌



全然関係ない「令和」とか「涼風」も書いてたけど、それも一緒に提出するらしいよ(笑)
パソコンで調べて見ながら書いたんだと😆



よっぽどそっちの字の方が上手だった
(´゚艸゚)∴ブッ


やっぱりねぇ、書きたい字なら自ら書くのよ。
そしてキレイに書こうって意識も違うんだよね。


なんでみんな一緒じゃないとダメなんだろうね、日本の教育は┐(´д`)┌ヤレヤレ



d0357243_15124584.gif

「壁にはねないように気をつけなさいよ」


「服につかないように気をつけな」


って言ったら絶対やるやつ(;゚;ж;゚;)ブッ


昔から「走ったら転ぶよ」と言ったら
間違いなく転ぶ男でした(笑)

by mashiro507 | 2019-06-19 16:28 | 息子 | Comments(6)

コンタクトレンズ

息子が突然「コンタクトつけたい」と言い出した。



普段はメガネ君👓の息子だが、たまにTPO次第でコンタクトにしたいのだという。



あんなに見栄えに無頓着で
「もうちょっとオシャレしたらイケメンなのに( ・᷄ὢ・᷅ )」と思っていたというのに
まぁ♡お年頃なのね♡という時期が到来したようです🌸(笑)



ネットで安いところを…と息子は言うてたけど、やはり初めてのコンタクトはしっかり眼科で検査してもらって、つけても問題ない目なのかどうか見てもらったり、安心安全なコンタクトからスタートさせた方がいい。と私は提案した。



ということで、すぐに眼科へゴー٩(`・ω・´)و



まぁまぁの混み具合だったので、こりゃ時間かかりそうやな💦と思いながらも30分して息子呼ばれる✨



中に入るのは自分一人で良いと言うので、私は待合室にて読書タイム📖💕



…そのうち飽きて、スマホゲーム(笑)



…それも飽きて、ネットサーフィン(笑)



中待合のドアが開くたびに顔を上げて見るも、息子はなかなか出てこない( ˆ꒳​ˆ; )



息子の後に入った人もとっくに会計を済ませて帰られている…息子、中で何しとんねん(笑)



もうかれこれ時計を見ると、中に入って一時間以上を経過していたΣ(っ゚Д゚;)っ



外来が終わる15分前、あんなに混んでた待合室は待ち人私一人となっていた(;゚;ж;゚; )ブッ



そしてやっと息子登場(笑)



「コンタクトつけれんかった💦」



充血した目と苦笑いをして、私の横に座る。



👩「つけるの怖かった?」


👨‍🦱「怖くないんよ。けど黒目が動くんよ」


という。


うーーーーーん(´-ω-`)
状況を見てないので、何とも言えぬが。。。



「俺、不器用なんかなぁ🌀」と病院でも、家に帰っても何度も言い、少し落ち込んでいた💧



息子は今までの学校生活の中で、他人が簡単にできる事を自分は上手く出来ない、っていう感覚がこびりついている。



今回の件でまた上塗りになったかな💦と少し心配になりつつ、「コツを掴めば出来るようになるよ」とフォローを入れておく(´-ω-)フーゥ…



後日練習に来るように…と看護師さんに言われたようで、数日後私も同行して再訪🏥



どんな事になってるのか見てみたい❗と思った私は、今回は一緒に検査室へ(ΦωΦ)フフフ・・



小さな鏡とコンタクトが用意された机に連れて行かれ、緊張した面持ちで息子は小さな丸椅子に座った。



前回関わってくれた看護師さんだろうか。
能面のようにあまり表情のない若い方。



「目を開ける練習してきた??」と聞く。



…メヲアケルレンシュウ??( ☉_☉) パチクリ。



試すコンタクトもないのに、目を開ける練習??(。・ω・)?



何もなかったら目は開けれますけど??
それ、練習になります?(;゚;ж;゚; )ブッ
心の中でつっこむ(笑)



なんかコンタクト入らないのは、あなたが目を開けないせいとでも言われてるような気分になる私💧



そりゃ1時間もかかりきりになったら嫌気もさすか…申し訳ありません🌀



一応教えてくださる方がいるので、あまりしゃしゃり出るのはよろしくないと思って、私は少し離れてお任せする。



「目を開けて!」「両目開けて!」



この言葉がずっと繰り返されて、その度に何度も失敗🌀



何がどうなってるのだと思って、息子の真横に行き、ジーッと観察してみた(´👀`)



コンタクトが目元に近づくと、徐々に目を瞑ってしまって、コンタクトが入らない隙間になってしまう💧



すると先程の看護師さんの「目を開けて!」という流れ。



なぜ目を閉じてしまうのか、という視点で見るとすぐに原因が分かって、



「次郎、(コンタクト)指に置く場所、指の腹じゃなくて指先に置いてみ」と私の指で説明しながら教えると、なんと一発でイン✨✨✨



昨日の1時間は何だったの?ってくらいのアッサリ感( ゚∀゚)・∵ブハッ!!



「入ったぁ(*´▽`*)」という安堵する息子の声に、「今度は目を開けれたね」と看護師さん。




(;゜∀゜)イヤイヤイヤイヤ...
目を開ける練習の成果じゃないからな(笑)
目を開けれたのは、私のレクチャーのおかげやから( ᯣωᯣ )ジーッ…
コツも教えずにあなたの指導の仕方じゃ、今日だって1時間かかってたっちゅーねん😑




「お母さん、コンタクト入ってるんですか?」と成功した瞬間に聞いてきた看護師さんに「入ってます」と答えつつ、「あなたはコンタクト未経験ですか?」と嫌味の一つでも言いたくなったがグっと堪える。





そんな一辺倒に「目を開けて!」だけで1時間つけれなかった相手に、同じ事繰り返してたらまたつけれないままだよ💦




同業としてはいつも患者さんの立場に立って考える、は基本中の基本。



いろんな患者さんがいて、息子のようになかなかつけれない人だって初めてじゃないと思う。




これだけつけられないのなら、どうやったらつけられるようになるかとかいろんな作戦を考えなきゃ(*ノω<*)アチャー




しかし今回の件で、こうやっていろんな場で息子は自信を失ってきたんだろうなって感じた。




息子に合った教え方をしてもらうとすぐにクリアできる事も、指導方法次第でクリアできない事が非常に多い。




それによって、「自分は不器用、自分は何も出来ない」という劣等感を積み上げていく事になる。



そういったお子さんが世の中にもたくさんいるのだと思うと、「この子ならどうしたらクリアできるだろう」「クリア出来ない理由がどこにあるのか」という視点で指導者、支援者の方たちには接してほしいとお願いしたい🙏🙏🙏



そして人から教わるのを嫌がる息子には、「得意とする人から教えてもらうのがマスターする最短の方法」と身を持って感じてほしい。




勉強もパソコンも楽しく生きる方法も、独学ではなく人から学ぶ大事さに気づいてくれたらいいなと親として思います😌




さて、お試しのコンタクトを見事GETできた息子は家でもつける練習、取る練習を続けている☺️



初めは自分でやってみて、うまく入らない時は私が呼ばれ


👩「黒目が全部見えるくらい、指で目を開いて、コンタクトと眼球が平行になるように近づけてごらん」


👨‍🦱「入ったー!!母さんすげー!!」




ってな感じで私の株が日に日に上がってる
♡(ง `▽´)╯ワッハッハ




1回目よりは2回目、2回目よりは3回目と、装着できる速さも速くなってきた😊



こうして諦めずに、出来ることを増やしていってほしいな🌱




今日も息子は外出し、コンタクトの世界を楽しんでいる✨

by mashiro507 | 2019-06-09 09:29 | 息子 | Comments(2)

見えない障害

昨日、心療内科の帰りに息子と共に高校に立ち寄った。


先生に相談した結果を聞くために。。。



相談した内容は、「書道のレポート内にある【書き取り】」についてだ。




習字の単位は、半紙に墨で指定された字を書き、それを提出すればよいと入学前に聞いていたんだけど…今年度から変わったのか息子が苦手とする【書き取り】が。


d0357243_22464286.gif


崩した字って私だって普通に難しい…さすが高校の授業というべきか( ´ㅁ` ;)
これを何度も練習して、清書して出すように…という課題💧



空間認知力が低い点と、短期記憶も弱い事から文字を見て脳にインプットし、それをノートに書き出すアウトプットがうまく行かず、見たままの文字を書き写す事が難しい。←なので板書もキツイ



書き取りは綺麗に書く事を要求されるから、小2では何度も何度も「やり直し!」と書かれて宿題が倍増していった。



毎日深夜になっても終わらない宿題と、何が何でも宿題はやらなければならないという呪縛に取り憑かれた息子に父親は、



「薄く下書きを書いてやるから、それをなぞれ。なぞるのも立派な勉強だ」




そう言って親子の妥協点を見つけて、疲弊した息子と私達はやっと眠りにつくことができた。




いざ、なぞった宿題が戻ってくると、「親に書いてもらってズルはいけません。やり直し!」という先生の鋭い言葉と赤ペンで❌が。




先生にはお見通しですよ!!と言わんばかりの思いが字から溢れているようだった。




確かに息子はなぞる事すらも得意ではなかったから、下書きの字からはみ出して書いていたのかもしれない、頭が真っ白になって今となってはもう思い出せないけど。



けどさ、それまでも何度も何度も息子の宿題の字を見てきたよね?



なぞらせたそこに何か理由があったのか、と確認する気はありませんでしたか。




息子がズルをするような子に見えましたか。



毎日学校では、息子の何を見てくれているのかと悲しくもなった。




これをキッカケにますます息子の字は汚くなり、しまいには一切字を書かなくなった。


そんな経緯があるから、簡単な文字でも、たとえ汚くても息子が一生懸命書いてるのが私には痛いほどわかる。



今回の書き取りも練習を3行終えたところで、「出来ん…無理。もう単位落とす」とすっかり疲れきってしまった。



以前なら怒り狂ってビリビリと紙を破いて放り投げるとこだけど(過去記事の算数ドリルのように 笑)それをしなくなったのは大きな大きな成長だ(笑)



私はすぐに先生に電話して現状を伝え、本人の特性を伝えながら、何とかなぞる事で提出を了承してもらえまいか、と相談した。



すると返事は
「書き上げた時の達成感を感じてほしいので、本人にやらせてみてはどうでしょうか」と。



「本人に言ってみます」と一旦引き下がったけど、「達成感って何じゃ」とズレしか感じなかったよ(´ω`;)



その後リトライするも、もう見るのも嫌🌀と完全拒絶が始まり、達成感どころか「俺は出来ない」と自信喪失してしまった。



これはまた二の舞になっては困ると、再度先生に電話して、その結果を聞きに行ったというのが今回の高校訪問🏫
 


なぞるで🆗は出たけど、「本人が頑張れば出来る」という勘違いをしている人が、なんと多いことか( ・᷄-・᷅ )



努力では乗り超えられない壁があるから障害であって、支援が必要なのに。



私は息子が簡単に書き取りを放棄したわけではないという事を伝えたくて、「練習したものもせっかくだから先生に見てもらったら?」と息子に促した。



そう、息子はいつもどこでもレポートが出来るように持ち歩いてる、いつ自分が集中して出来る状態になるか分からないから💦



そんな涙ぐましい努力をけしてムダにはしたくない。


先生は「綺麗に書けてるやん!これでいいのに!」と言ってくれたけど、「頑張れば出来るやん、この調子で続きも出来るやん」という空気が出まくっていた。



その瞬間、小2の時の担任に「頑張れば綺麗に書けるのに手を抜いて怠けてる。書けるのに書かない」と言われたあの頃の記憶が私の頭をよぎる。



電話である程度の経緯は説明していたけど、「その3行で力尽きたんです」と付け加えた。



綺麗に書けたのは、彼なりに「ちゃんと書かねばならないもの」と認識して全身全霊のエネルギーをそこに込めたからだ。



例えれば砂漠の水のようなもの。


向こうに水が見える。
あそこまで行けば水が飲める。
そう思ってなけなしの力を振り絞って辿り着いた時、それが水はなく幻想だったら。。。



「そこまで歩けたんだから、また歩けるやろ?」と言えるだろうか。



私ならきっと気力も何もかもなくなって、倒れてしまうと思う。



達成感についても、あれを書き上げたって息子はきっと苦痛と疲労しか残らない。



目の見えない人に、何も使わず歩けと言って、歩けたら達成感が生まれるのか?



杖や盲導犬などのサポートがあった上で、一人でやりきった時に達成感と喜びというのが生まれるんじゃないのか?



中学の時は知識と理解のある先生に見守られて忘れていた感情が、チグハグなやり取りによって再び呼び起こされた。



見えない障害の難しさ。
先生に伝え続けていかねばならない。



「過保護でうるさい親だなぁ」と思われるんかな…と小学校の時にも思った感情が復活したけど、それでもいい、息子の為だ。


  
 



by mashiro507 | 2019-06-05 07:19 | 息子 | Comments(4)

ぐでーーーん

ぐでーーーーんとソファに寝転がる息子😵💦


それも致し方ない…と私は、そんな彼を横目にせっせと掃除をしてる最中です←そして今サボり中(〃゚艸゚)プッ


9時半に友達が我が家に遊びに来るのが決まったのは、昨日の22時過ぎてからやったやろうか⏰



そうなると私も来るまでに掃除やら何やら、来てもらってもいい状態に仕上げなければならない(笑)


息子も早起きをして準備を…の最中、9時15分。


「今日来ないって」と息子の苦笑😵



「また?!ฅ(º ロ º ฅ)」



またと言わざるを得ないくらい、何度もドタキャンをされているのです(*꒦ິ꒳꒦ີ)



その理由が納得行くものならまだしも、「お父さんが○○に行くと言ってるから」と強制的に友達も連れて行かれる🌀



相手の子は中2。
中学の時にスクールカウンセリング室で仲良くなったお友達✨
だから彼も何らかの困難を持って、日々過ごしているのだろう。



そんな子供だからこそ、他人との関わりの時間って大事に思わんのかな、親は。



中学生にもなれば、子供は子供の予定があるし、子供の世界だってある。
先に子の予定が入っていたら、そっちを優先してやっては?と他人の家族やけど思ってしまう。




約束するたびに顔をキラキラさせてる息子が毎度ドタキャンされて、「仕方ない、あそこはお父さんの言う事は絶対だから仕方ないんだ。行かないとお父さんが怒るから」と静かに笑いながら言う息子を見てると、本当に切なくなっちゃうよ( ´•̥ω•̥` )



きっとね、友達も不登校やったから、小さい頃から父親がいつも外に連れ出したり、子供の為を思っていろんな体験を一緒にしてきたんだと思うんだ。



手のかかる子ほど、いつまでも親が手をかけてやりたくなる気持ちは私もよく分かる。



どこでゆっくりその手を離してやればいいのか分からなくなってたり、もしくは離したくても親の方が離したくなくなってる場合だってあると思う。



けどそれはやっぱり子供の成長の足かせになってしまう気がする。



な〜んてここで何を言っても、そこそこのご家庭の方針があるやろうから口出し出来ることではないけども( ˆ꒳​ˆ; )


私は気をつけなきゃなと思いつつ


ただただ、息子がちょっと可哀想なのです🌀


by mashiro507 | 2019-06-02 10:22 | 息子 | Comments(4)

在宅コース

昨日家に帰ってきた息子は、開口一番


「学校行きたくなーい」だった*o_ _)oバタッ


朝から夕方まで毎日通う高校は難しいだろうと思って、週2コースであり、しかも1日1時間40分のみのスタイルの通信制を選んだ。



これなら何とか頑張れるんじゃないかと、考えに考えて決めた学校だったけど


こんなに緩くしても難しいのか…😨



これすらもこなすのが厳しいのか…😱



絶望的な気持ちになり、少しの間私は放心してしまった。



環境が整えば通えるんじゃないかとどこかで私は期待していた。



2ヶ月、生き生きと通う姿が更にその期待を押し上げた。



だけどそんな甘くはなかった、私は発達障害というものを甘く見ていたのか…と落胆してしまったのかもしれない。



いつ崩れるか分からない…と構えて、仕事の量も増やさず、様子をうかがってきたはずなのに…ダメだねぇ、弱いや、私は(-ω-;)



二次障害という代償の大きさも含めて、こんなにも生きづらいのかと辛くなってしまった。



普通に毎日登校して、友達たちと笑いあって、やりたい事をやりたいだけ取り組める子供達が羨ましい。



息子もただ、同じような生活を送りたいだけなのになぜ叶わないのだ、と考えてもしょーもない事を考えてしまう💧💧💧




学校の方は息子も感じているくらい、手厚い支援をしてくださっている。



友達関係も良好だし、学校での拘束時間も短い。



しかし息子は「家でレポートをやりたい」と言う。



学校では集中できないし、自分一人でやりたいという気持ちが再燃してるみたい←昔書いた家庭教師問題の時と同じね💦



実は担任から電話があって、「次郎くんが学校では集中できず、家に持ち帰ってレポートをしてるんですが、それの正解率があまりよくないんです。学校でやってほしいのでもう少し静かなクラスに移動しませんか?」と言われて移動したばっかりやった( ´ㅁ` ;)


でもうるさいだけが集中できない理由じゃないんよな💧



元々ある集中力散漫な部分と、状態が良くない事によって、尚更耳も過敏になり、気持ち悪くもなり、人がいる場に身を置く事すら辛いのです。



「学校にいても集中できなくて、レポートも何も出来なくてボーっとしてるんよ。何しに行きよるか分からん」と気持ちを吐露する。



私にしてみれば、「行くだけでも大きな得るものがあって価値あるで!」と思うけど、息子は達成感や意味合いが付属してないとそこに価値を見いだせない性分だ( ˆ꒳​ˆ; )



「在宅コースってあるんだっけ?」



そんな言葉が息子の口からこぼれた。



こんな状態の時に即決して在宅コースにしたら、絶対ダメだ(。× ×。)



きっと息子の調子が上向きになったら、また言う事も気持ちも変わってくる。



流されてはいけない。
私は動じずに、ドシンと構えていなければ。。。と自分に言い聞かせています。

by mashiro507 | 2019-05-31 22:39 | 息子 | Comments(4)