「そうなんだね」

久しぶりにプチ荒れで負傷(#)Д`;;)

私の「そうなんだね」が悪かった模様🌀🌀

いろんな場面で多く使ってるだろうこの言葉

私自身も自覚があって使っているの😅

「そうなんだね」は相手の話を受容した、というつもりで言っている

いつからこれを使っただろう?って思い返すと

支援センターに通っていた時に担当の方に言われたからだと思うんだよね💡

「まずは次郎くんの気持ちを受け止めてあげましょう。たとえ、そう思わないけど💢って思う事でもひとまず、そうなんだね(でも私はそうは思わないけどね!)と心の中で思ってもいいから言ってみてください」

それからは本当に納得した時も

違うだろーよ!!って思っても

「そうなんだね」って癖になっていったのかもしれない

しかし息子の言い分はコレだ

「そうなんだねって曖昧じゃん?!俺の話納得してないから言ったんでしょ!!いつも「うん、うん」って同じ言葉言ってたら分かんない!はい、とかは一つの意味しかないじゃん!前から思ってたんだよね💢」←最後の方イミフ

⚠息子の特性に「曖昧な表現」は正しく読み取りにくい、「言葉のままを解釈する」があります

「そうなんだね」は確かに日本人らしい、当たり障りない言葉の一つなのかもしれない

そういう当たり障りない言葉が息子にはアバウトすぎて伝わらないのであーる😵

けど言われないと分からなかったなΣ(-∀-;)

私もちょっと強気に出たのさ

しばらく暴れる事がなく、わりと言葉のやり取りで解決出来ていたから

もう言葉だけで解決できるようになっていてほしい、そんな望みもあったのさ(´-ω-`)フッ…

普通の家庭のように、思春期の息子と言い合ってみたいというのは贅沢なものかねぇ…

いつも言い返さず我慢、そうやって数年生きてきた私にはもう我慢という我慢が出来なくなってきてるのかもしれない(๑¯ω¯๑)

私もやめなかった、追い込みを

自分が普通、自分の言ってる事が間違ってないに決まってるやん!という言い分に、どうしても引けず、重ね重ね私の主張を言うと

ゴゴゴゴーーーーーッ!!

夕食中の食卓テーブルを押して、乱闘開始💧

私もそういう時って、アドレナリンが出るのか逃げるとかそんな事思わず近づいてしまう

でもね、5分位で終わったの、すごいよね!

「イスに座れや~!!!(°益°)」と私の服を掴んで振り回した後、イスに座ったら話が出来る状態になってた

これはビックリ…( ⊙⊙)!!

いつものが病的な暴れん坊だとしたら、今回は血の気の多いヤンキーぐらいか( ゚ω゚)・;'.、

でも私の主張は息子には最後まで通じなかったようだな(._.`)

「…で??」「…で??」の繰り返し

最後は「もういい、面倒くさい…」と終わってしまった

その後お風呂から出た息子はいつもの息子で

「ましろちゃ~ん、怒ってる??あー、罪悪感…」とウロウロ、いつもの多動で部屋の中を歩き回っていた( ー́ωー̀ )

「何に罪悪感?」とつっこんでみると、「もうええやん、それは!」と教えてはくれない(笑)

そりゃそうか、バツが悪いもんね😅

でも罪悪感と言えた事はすごい成長だった

その後「今日は精神的に色々疲れた。俺、壊れてきてる」と言うので

「心療内科に行く?」と言ってみたら、「行こうかな、俺ヤバイ」と( ˆ꒳​ˆ; )

最近何やらいろんな事を聞いてくるなぁ、また難しく考えすぎてるんかなぁと思っていたところ💧

何に壊れてると思うのか聞いても

「母さんには言えない」と言われた(;゚д゚)

そんな事言われるの初めてかも…ちょっと心配

ちょうど明日、いつも行く月1の病院の日なのでドクターと息子の二人で話す時間を作ろうと思ってます

私がずっと心配してた事が、ついに来てしまったのかな😔


[PR]
Commented at 2018-10-26 08:48
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ganbaru-okan at 2018-10-26 09:02
血の気の多いヤンキーには笑ったけど(笑)

凄いね。
ちょっと血の気の多いヤンキーにはなっちゃったけど、すぐに切り替えてちゃんと話をしようという姿勢が見えたよね。

次郎君。今本当に葛藤してるんだろうなぁ…。

今までお互い先の見えない長い道を歩いてきたし、これからもまだまだ続くけど、でもやっぱりちゃんと成長した姿を見せてくれてるよね。

何だか最近の太郎の姿とかぶって、心がじんわりしたよ。
Commented by mashiro507 at 2018-10-26 12:07
鍵コメさん、こんにちは!
読んでたら涙が溢れてしまいました( ・ ・̥ )
本当にその通りで。
多分違和感?とかに気づいたんかもですね。
「そうなんだね」という言葉に私自身が逃げていたところもあるかもしれません。
本心を言いたくても、言えば地獄。
穏やかな話し合いが出来ないから「そうなんだね」という言葉で私のモヤモヤをグッと飲み込む手段にしてきた。
「そうだね」と自分の意思に合わない言葉が言えない気の強さなんですかね(笑)
でもこれからは「そうだね」を頑張ろうと思いました☺️

私に言えない事…
そりゃありますよね、中3ですもんね!(笑)
私の中3は親に言えないことばかりでした😝
ちょっと今息子自身が、心身共に落ちてて疲れて何もやる気が出ないようです。
今日の受診で、先生に思う事を伝えられたらいいのですが、先生の前に来るとどこか言葉尻もトゲトゲしてて壁を作ってる様が見えるので、そこも少し心配してます。
Commented by mashiro507 at 2018-10-26 12:18
okanさん、こんにちは!

血の気の多いヤンキー、昭和のドラマに出てくるようなね(´゚艸゚)∴ブッ
我ながらピッタリな表現(笑)

5分やったけどねぇ、破壊力はハンパないよ
首、腕、背中…上半身が調子悪い😰
多分前回の「母さん、死んだ?」ってビックリしたくらいの私の倒れ方を見て、もう手を出すまいってすごく頑張ってたんだろうなって思うんだよね。
今回は一瞬手が出てしまったけど、「これじゃダメだっ!!」って自分で立て直す一瞬を見たような気がする…←ハッキリは覚えてない
それが今まで出来なかったんだから成長だよね
「マジ昨日はムカついたわ…」って今日振り返って話せたのも、またすごいと思ったの。
今までだったら、過ぎた荒れの話はご法度で話せば起爆剤になりかねなかったからさ😱

太郎くんも次郎も成長してるよねぇ。
私だけが成長ストップしてるわー(笑)
Commented by ohisamahappy at 2018-10-26 15:11
受け取る側にもよりますが、「そうなんだね」は突き放されているように感じることもあるかもしれません。
私は夫に「なんで?」「どうして?」と聞かれまくってつらい思いをしたことがあります…。
なんだか責められてるように感じるんですよね。

結婚する前、確かお付き合いが始まってそんなに経ってなかったかな…。
多分、夫は私のことを知りたくて聞いてくれていたんでしょうけど。

「なんで?」って聞かれると、「自分は違う」という裏側が感じられてしまうというか…。
「そんなふうに思うっておかしくね?」ぐらいの意味合いを感じてしまうのかな。
被害妄想と言われればそれまでだけど、でも確かに、自分と同じような考えならば、「なんで?」って聞き方にはならない気もして。

感じ方はそれぞれに温度差があるから、難しいところですね。
時々実に面倒くさくなります…。
Commented by mashiro507 at 2018-10-26 22:44
ohisamaさん、こんばんは!

息子も突き放されたように思ったのかもしれませんね(×_×)
こちらはそんなつもりがなくても、相手がそう感じてしまう事、家族間だけの話ではないので本当に難しいなって思います😓

「なんで?」の言い方のニュアンスもあるかもですが、あんまり言われちゃうと確かに否定されてるような気持ちになっちゃうかもー😓
ついこないだ、同じような話を友達としたばかりで。
友達の旦那さんが「これ、どうしたの?」とリビングにある箱に対して言った事への返事として友達が「あ、片付けようと思ってたんよ」って答えたんですって。
旦那さんは「いや、俺、そんな事言ってないよね?責めてないし」と言ったらしいです。
片付けろとよく言われるから、先を読むというか裏を考えてしまって言ってしまうと友達が言ってました。

ohisamaさんも過度の「なんで?」が余計に、より裏を感じてしまう原因だったのかな、数回ぐらいだったらそんなに責められてる気持ちにならなかったでしょうか(*˘ーωー˘*)
被害妄想とは違って、理由がある気がします。

私もね…しょっちゅう面倒くさいと思ってます( ´ㅁ` ;)
もうほっぽり投げたくなります(笑)
三╰( `•ω•)╮-=ニ=一=三【】

Commented by m-kumatta at 2018-10-27 21:26
お怪我の具合、いかがでしょうか。
まず、次郎君はとっても幸せ者です。
ましろさんという、自分の感情を思い切りぶつけることができる、それを全力で受け止めてくれる相手がいるのですから。もしもそれがなかったら、そのとき人は自分を傷つけるしかなくなります。
そのことに次郎君もいつかきっと気づくはず。というか、本当はすでに気が付いているんですよね。
わかっているのに、できないのは本当に辛いことです。
今、次郎君の心の内は悔しさと歯がゆさ、自己嫌悪と、それとは逆の怒り、でいっぱいでしょう。
もちろん、ましろさんがいつだって自分の望む通りに反応してくれるわけではないということも、本人はちゃんとわかっているはず。だけどどうしても感情がそれについて行かない。
要は今の自分の在り様に、他でもない自分が一番傷ついているのですね。すごくすごく傷ついていて、でもそれに必死に耐えていて。
だから他者の言動から、自分がお荷物だと思われている、自分のことを負担に思っている、というようなことを感じ取ると、(これは本人がそう思うかどうかで、実際どうなのかは関係ありません)ものすごく敏感に反応してしまうのです。
鍵になるのは、ある種の開き直り、だと私は思っています。どこまでいっても、どんなにもがいても、どんなに他者を羨んでも、結局自分は自分でしかないという、開き直り。
でもそこに辿り着くには、本当に吐き気がするほどの葛藤を通り抜けていかなくてはいけなくて。次郎君の行動からはその真っただ中に今まさにいることが、すごく伝わってきます。
具体的なこと言えずに、すいません。
ひとつだけ。ましろさん、自分の身だけはしっかりと守ってくださいね。万が一があったとき、一番傷ついてしまうのは、他でもない次郎君なのですから。
Commented by mashiro507 at 2018-10-28 10:47
広間空さん、こんにちは!

いえいえ、十分具体的で言いたい事が伝わっているから大丈夫です😃
この多感な時期、誰もが通る道であり、避けて通れない自分と向き合う大事な時期なんだと思います。
私も含めて、この年齢の頃って親にそういう話しないでしょう?
我が家の場合は、あれもこれもダイレクトに知ってしまうので、私も必要以上に悩み不安が募ってしまうのだと思います😣
知らぬが仏、そんな言葉もありますが、何度となくそう思ってきたことか…。
でも反対に、そうやって色々を親に言える関係である証なのかもしれないし、書いてくださったように自傷に走るようになってはもっと困ります。
親である私が受け止めてあげたいという気持ちと、もう支えきれないよ…っていう弱音の気持ちがいつも交差してますね💦

私達もそうだったように、いつの日か「開き直り」がやってきたらいいなと私も思います。
いろんな人もいるし、こんな自分もいるし、それでいいじゃん。って思えるようになったらすごく楽になりますよね☺️
そこに行き着くまでがいばらの道ですが、どうか無事に辿り着いてほしいと切に願う私です。
by mashiro507 | 2018-10-25 21:44 | 息子 | Comments(8)